卑劣なる報復―武道少女輪姦―

卑劣なる報復―武道少女輪姦― 

 

登場人物

鉄 切子 緑森の現役女子高生で剣術道場の師範代
不良グループ 公衆の前で打ちのめされた仕返しを企む
元門下生 切子になり不満で同情を辞めた

こちらで無料お試し読みできます。

↓   ↓   ↓

BookLiveコミック

「女たちに極限なる恥辱を」をコピペして検索してください。

 

あらすじ

女子高生剣術家

 

普段は女子高生

 

街で歩いていても綺麗でいつも竹刀を持っていて、如何にも武道家である。

 

そこに不良グループが可愛いJKをからかおうとしたが、公衆の前で返り討ち。

 

無様な姿で恥をかかされた連中

 

彼らには「復讐」の2文字しかない

 

その時が・・・

 

親の師範が病気で入院

 

師範代を娘の切子が受け継ぐことに

 

しかし、若輩者だけで門下生は次々と辞めていく現状

 

道場には切子が一人で練習。

 

その場に彼らが現れた。

 

そして、卑劣な行動を

 

それは、命よりっ大事なもの

 

同情の看板だ!

 

それを砕いてしまうと

 

彼女は抵抗が出来なくなった。

 

落とし前を付ける意味が違っている。

 

男共は彼女の身体を弄び屈辱的に犯す事だ。

 

男共は、彼女の胴衣を脱がせ、さらしに巻いた胸を揉み上げる。

 

そして、汗臭いおまんこにも手を伸ばす。

 

おまんこは汗なのか愛液なのかわからないが濡れているのは明確である。

 

処女のくせにそこまで濡れているとは

 

間髪入れずに切子のおまんこに挿入。

 

おまんこから赤い血がでてくる。

 

涙と汗で顔がぐちゃぐちゃな切子に

 

今度は口の中に逸物が・・・

 

抵抗できない切子は身を任せるしかない

 

処女が奪われ、次々に輪姦される切子

 

そして、ついにはアナルまでも犯される。

 

両手を広げたまま竹刀に縛り付け

 

両足も開脚状態で竹刀に縛られ、

 

抵抗できない切子の身体が精子まみれになるまで犯される。

 

 

感想

 

精子まみれの切子の姿が印象的で頭から離れられない。

 

もうどうしようもない状態。

 

縛られ抵抗できない切子の諦めた表情が何とも印象的だ。

 

強い女ほど絶望感を味わうとああいう姿になるのかなと想像する。

 

それを上手く描く作者は最高である。

 

縛られた切子のおまんこの近くに先端が濡れている木刀が強烈にインパクトがある。

 

あれで、オモチャの代わるに突っ込んで弄んだと想像がつく。

 

これを見て想像しながら抜くのが気持ちいい。

 

何回抜いても¥55だから

 

絶対に抜けるよ!

 

こちらで無料お試し読みできます。

↓   ↓   ↓

BookLiveコミック

「女たちに極限なる恥辱を」をコピペして検索してください。

   1話¥55です。